HOME > 税と社会保険を考えるメルマガ/【2013/8/6】社会保障制度改革国民会議の最終報告

税と社会保険を考えるメルマガ

当事務所よりほぼ毎月発行している、税金と社会保険を考えるメルマガバックナンバーです。

【2013/8/6】社会保障制度改革国民会議の最終報告

皆さん、こんにちは。税と社会保険を考えるメールマガジンです。
ディード経営税務事務所小林(社会保険労務士・税理士)です。
http://www.deeds.co.jp

野田政権のおきみやげである社会保障制度改革国民会議の最終報告が
出てきました。社会保障を、少子化対策、医療・介護分野の改革、
年金分野の改革に分けて論じています。

全般的には、少子化や医療分野に関する危機感が現れている反面で
年金については現状の追認が目立っています。

またまたPRですが、
『簡単解説20ヶ条 消費税率アップ-その原則・特例と経過措置-』
7月に内容を書き加え、法令や国税庁Q & Aも資料に加えてリニューアル
しました。

アマゾンkindleと楽天kobobookで販売中です。kindleもkoboも
iPadやiPhone、Androidで読むためのフリーソフトが提供されていま
す。

税と社会保険を考えるメールマガジンでは、引き続き企業やはたらく人
の視点から税金と社会保険の話題をお送りしていきます。

◇Today’s Issues◇
1 【国民会議最終報告】社会保障は税金より社会保険を基本に
2 【国民会議最終報告】年金支給開始年齢引き上げは見送り

●―――――――――――――――――――――――――――――――――
1 【社会保障制度改革国民会議】社会保障は税金より社会保険を基本に
―――――――――――――――――――――――――――――――――●

◇社会保障制度改革国民会議の最終報告では、社会生活上のリスクに対する
「共助」は税よりも社会保険を基本とすることや、将来世代への先送りをや
めるべきであること、若い世代にも安心感を与えられる全世代型の社会保障
をめざすことなど、考え方としては納得のいく内容でした。

◇しかし、具体的な制度や施策については、子ども・子育て支援や地域包括
医療体制などの言葉はあるものの、いつまでにどのように実現するかという
ところまで踏み込めていないので、実効が上がるかどうかは政治家と役所し
だいです。

◇特に問題なのは、「消費税引き上げ財源の活用」ということばが随所に出て
来る点で、これはバラマキをしたい政治家に格好の口実を与えるでしょう。

◇それと社会保険について、非正規労働者への被用者保険の適用拡大という
ことが解決策のように言われていますが、これは解決策ではなく問題の指摘
にすぎません。これができないのは制度の問題です。

ディード経営税務事務所は税金の申告やご相談をお受けしています。
http://www.deeds.co.jp/service/kessan.html

●●――――――――――――――――――――――――――――――――
2 【国民会議最終報告】支給開始年齢引き上げは見送り
――――――――――――――――――――――――――――――――●●

◇「年金分野の改革」は、おおむね現状是認で、改革案にはほとんど見るもの
がありません。

◇パートタイマーや非正規労働者への厚生年金の適用拡大、国民年金滞納者へ
の徴収強化、高所得者への年金給付調整や公的年金控除など税制の見直しに
言及しただけです。

◇意外だったのは、年金支給開始年齢の引き上げが盛り込まれなかったことで
す。途中でそれらしい議論がありましたが、今のマクロ経済スライドという仕
組みが機能すると、支給開始年齢を何歳にしても年金財政には影響がないとい
うことです。

◇これは、2004年小泉内閣の年金制度改革によって年金保険料の財源の範囲で
支給額を決める仕組みにしたからです。つまり、支給開始が早ければ支給額が
少なくなるだけであって、年金財政には影響がないという訳です。これは年金
の財政論だけであって、社会保障や雇用政策の観点がありません。

◇国民会議では、年金に関しては制度論がなく、むしろ、国民に対してもっと
年金制度を良く説明する必要があるというスタンスになってしまいました。

◇しかし、この議論には大いに疑問があります。今のままで非正規労働者を厚生
年金に取り込んでいくことは制度的に無理があってできないでしょう。その結果
として、年金財政は破綻しなくても、将来的に多くの無年金者を生み出す可能性
があります。

◇また、女性の活躍という命題と「第3号被保険者制度」は矛盾していますが、
この問題についての議論は回避しました。

*****************************************************************
小林 秀男(社会保険労務士・税理士)
ディード経営税務事務所
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-2-1-509
TEL:03-3350-1717 FAX:03-3350-1749 携帯:090-9383-1387
E-mail:kobayashi-hdo@nifty.ne.jp
URL:http://www.deeds.co.jp
*****************************************************************

メルマガ購読をご希望の方はこちら
※件名に「メルマガ配信希望」とご記入ください
お気軽にご相談・お問い合わせください
お気軽にご相談・お問い合わせください
電子書籍のご案内

『簡単解説20ヶ条 消費税率アップ』
-その原則・特例と経過措置- 360円

『簡単解説20ヶ条 消費税率アップ』-その原則・特例と経過措置- 280円
amazon Kindleで購入

『転職の法律があなたを守る』
-転職の法律36か条- 280円

『転職の法律があなたを守る』-転職の法律36か条- 280円
amazon Kindleで購入
PDF版はDLMarketへ
税と社会保険のメルマガ
はたらく人のための無料相談事務所
新宿区の税理士事務所 小林秀男税理士事務所
新宿区の社労士事務所 小林秀男社会保険労務事務所
ディード経営税務事務所 facebook