HOME > 税と社会保険を考えるメルマガ/【2013/3/25】消費税率引き上げまであと1年

税と社会保険を考えるメルマガ

当事務所よりほぼ毎月発行している、税金と社会保険を考えるメルマガバックナンバーです。

【2013/3/25】消費税率引き上げまであと1年

皆さん、こんにちは。税と社会保険を考えるメールマガジンです。
ディード経営税務事務所小林(社会保険労務士・税理士)です。
http://www.deeds.co.jp

冬からいきなり初夏を思わせる日もあって、早くも桜が満開になってしま
いました。いつもお花見に出遅れる私ですが、特に今年はまだ心の準備が
できていませんでした。気がついてみれば、私の目の前の新宿御苑は大変
な賑わいです。

経済も明るい話題が多くなって、うれしい限りです。一方で、社会保障
改革の話題はすっかりトーンダウンしてしまいましたが、もちろん重要な
課題であることに変わりはありません。

税と社会保険を考えるメールマガジンでは、引き続き企業やはたらく人
の視点から税金と社会保険の話題をお送りしていきます。

◇Today’s Issues◇
1 【消費税】消費税率引き上げまであと1年
2 【社会保障制度改革国民会議】議論の方向は見えず

●―――――――――――――――――――――――――――――――――
1 【消費税】消費税率引き上げまであと1年
―――――――――――――――――――――――――――――――――●

◇平成26年4月の消費税率引き上げまで残すところあと1年になってきま
した。そろそろ影響が出始めているところもあるようですが、これから引き
上げ前後にかけて様々な動きがありそうですね。

◇政府は、消費税転嫁対策特別措置法案というのを閣議決定して、国会に提
出しました。新聞などで報じられていますが、その内容は、大規模小売事業
者の値引き・買いたたきなど転嫁拒否行為の是正対策、「消費税還元セール」
の禁止、中小企業団体による転嫁カルテルや表示カルテルの容認、総額表示
ルールの緩和などで、平成29年3月までの時限措置となっています。

◇消費税還元セールの禁止というのは今回が初めてですが、それ以外には
目新しいものはありません。この法律そのものは宣伝効果ねらいと、あとは
役所が動くための予算取りという性格が強いように見えます。

◇消費税というのは、もっと有り体に言えば、税額控除つきの売上税ですから
企業にとっては非常にきついですね。売上の8%とか10%を強制的に持って行
かれる感じで、営業利益率数パーセントの企業はたちどころに赤字になって
しまいます。

◇転嫁ができるかどうかは、競争条件や景気の良し悪しももちろんありますが
事業の形態や取引にもよります。企業間の取引や請負型の契約は難しい面が
あり、国の対策には全く期待できない。今回の法律に「税抜き価格での交渉
を拒否してはいけない」と書いてありますが、税込み価格で押し切られない
ような工夫が大事です。自助努力で。

◇あとは、消費税率引き上げ前後で、需給関係がどう動くのかがポイント。
つまり、景気の動向ですね。消費税が上がってからあまり無理をしなくても
いいように、今年のうちにしっかり稼いでおきましょう。

◆ディード経営税務事務所は税金の申告やご相談をお受けしています。
→ http://www.deeds.co.jp/service/

●●――――――――――――――――――――――――――――――――
2 【社会保障制度改革国民会議】議論の方向は見えず
――――――――――――――――――――――――――――――――●●

◇消費税引き上げを巡る3党合意で去年11月に発足した社会保障制度改革
国民会議ですが、1月下旬に再開されて、第6回まで行われました。月に2、
3回のペースで精力的にやっています。

◇今は、経済界、地方の首長会、医師会、健保などの関係団体代表者を呼ん
で意見聴取をしています。お決まりの団体が出てきて、見え透いた主張を
繰り返しているという印象もありますが、国民会議メンバーからの突っ込み
もあって、結構おもしろいやりとりも聞かれます。動画がアップされていま
すので、お時間のある方にはお勧めです。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokuminkaigi/kaisai.html

◇再開後の1月には安倍総理が出てきて挨拶をしましたが、これは原稿を
読み上げただけで、まったく熱意が感じられませんでした。とりあえず
アベノミクスの視野には入っていない。

◇この会議は8月21日で終わることになっていて、それまでに結論を出し
ますが、今のところどういう切り口でどこまで踏み込むのかは見えてきて
いません。7月には参議院選挙もあります。果たしてどうなるでしょうか。

◇国債の累積、社会保障費の膨張、少子化などは、景気が回復したからと
いって解消する問題ではありませんから、先送りせずにしっかりやって欲し
いですね。

*****************************************************************
小林 秀男(社会保険労務士・税理士)
ディード経営税務事務所
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-2-1-509
TEL:03-3350-1717 FAX:03-3350-1749 携帯:090-9383-1387
E-mail:kobayashi-hdo@nifty.ne.jp
URL:http://www.deeds.co.jp
*****************************************************************

メルマガ購読をご希望の方はこちら
※件名に「メルマガ配信希望」とご記入ください
お気軽にご相談・お問い合わせください
お気軽にご相談・お問い合わせください
電子書籍のご案内

『簡単解説20ヶ条 消費税率アップ』
-その原則・特例と経過措置- 360円

『簡単解説20ヶ条 消費税率アップ』-その原則・特例と経過措置- 280円
amazon Kindleで購入

『転職の法律があなたを守る』
-転職の法律36か条- 280円

『転職の法律があなたを守る』-転職の法律36か条- 280円
amazon Kindleで購入
PDF版はDLMarketへ
税と社会保険のメルマガ
はたらく人のための無料相談事務所
新宿区の税理士事務所 小林秀男税理士事務所
新宿区の社労士事務所 小林秀男社会保険労務事務所
ディード経営税務事務所 facebook