HOME > こばやしひでおのうんちく情報 > 転職と社会保険手続

こばやしひでおのうんちく情報

転職と社会保険手続

 転職するときに健康保険や厚生年金あるいは雇用保険の手続はどうしたらいいのかというご質問をいただくことがよくあります。基本的には会社の人事担当者が手続してくれるはずなので問題 はありませんが、法律どおりに行われているかどうか確認する必要があります。また、次の仕事に就くまでに間隔がある場合には、その間の健康保険、国民年金の手続は自分でしなければなりません。

 健康保険と厚生年金保険は法人の事業所に使用される従業員は強制被保険者あるいは当然被保険者となりますが、今の会社を辞めて、次の会社にすぐに入社する場合には、退職した日の翌日に 被保険者資格を失い、次に入社した日に新たに被保険者資格を取得します。いずれも、資格喪失または取得の日から5日以内に事業主が社会保険事務所や健康保険組合に資格喪失あるいは 資格取得届を提出しますので、自分で社会保険の手続をする必要はありません。資格取得時に年金手帳を会社に提示するだけです。ただし、被扶養者がいる場合には、資格取得届に健康保険被扶養者(異動)届を添付する必要がありますが、この健康保険被扶養者(異動)届は被保険者本人が事業主経由で提出するものです。

 前職と次の仕事の間に雇用されていない期間がある場合には、多少厄介な手続が必要になります。

 まず、健康保険については、新しい会社で加入するまでの期間については、前職の健康保険の任意継続をするか、市町村が保険者となる国民健康保険に加入することになります。健康保険の任意継続でも、国民健康保険でも保険料は全額本人負担になりますので、どちらが高いかは一概にいえません。医療を受けたときの被保険者の一部負担金は、健康保険、国民健康保険とも3割です。国民健康保険には被扶養者という概念がありませんので、家族がそれぞれ被保険者になります。

 任意継続は、継続して2月以上強制被保険者であったことが条件で、被保険者資格を喪失した日から20日以内に本人が届出をし、保険料も本人が納めます。20日以内に手続すれば退職日の翌日に遡って任意継続被保険者になるところがミソです。届出は、協会けんぽの場合には全国健康保険協会の都道府県支部(社会保険事務所にも窓口があります。)、健康保険組合の場合には健康保険組合におこないます。任意継続できる期間は通常2年間です。

 次に、厚生年金については、被保険者期間が月単位であることに注意が必要です。退職した 同じ月内に次の会社に入社する場合、あるいは、月末に退職して翌月中に次の会社に入社する場合は被保険者期間が継続しますが、月末を跨いで被用者でない期間があるとその月末を含む月は被保険者期間になりません。これはやむをえないことですが、そのままにしておきますと国民年金の方も保険料未納になり、老齢基礎年金の年金額に影響してきますので、市役所で国民年金の手続をし保険料を支払うことが必要です。本人は2号被保険者から1号被保険者となり、被扶養者であった配偶者がいるときには、配偶者は3号被保険者から1号被保険者となります。国民年金の保険料はひとり月額14,660円です。次の仕事についたときに、本人は再度厚生年金の被保険者(国民年金の2号被保険者)になり、配偶者は3号被保険者となって国民保険料の支払は不要となりますが、このとき配偶者についての手続を漏らすと、配偶者は1号被保険者のままとなり、なおかつ保険料未納となって年金がもらえないケースが起こり得ますので、事業主経由で必ず3号被保険者の届出(上記の資格取得届に添付する健康保険被扶養者(異動)届と一体の書式になっています)をする必要があります。

 従業員に関する社会保険の手続きは事業主の義務ではありますが、規定どおりに行われていない場合に直接的には本人に影響が出てきますので、手続きがきちんと行われているかどうか確認することが必要です。厚生年金保険については、社会保険事務所で被保険者資格確認の請求をすることもできます。

お気軽にご相談・お問い合わせください
お気軽にご相談・お問い合わせください
電子書籍のご案内

『簡単解説20ヶ条 消費税率アップ』
-その原則・特例と経過措置- 360円

『簡単解説20ヶ条 消費税率アップ』-その原則・特例と経過措置- 280円
amazon Kindleで購入

『転職の法律があなたを守る』
-転職の法律36か条- 280円

『転職の法律があなたを守る』-転職の法律36か条- 280円
amazon Kindleで購入
PDF版はDLMarketへ
税と社会保険のメルマガ
はたらく人のための無料相談事務所
新宿区の税理士事務所 小林秀男税理士事務所
新宿区の社労士事務所 小林秀男社会保険労務事務所
ディード経営税務事務所 facebook