HOME > こばやしひでおのうんちく情報 > 離婚時の年金分割

こばやしひでおのうんちく情報

離婚時の年金分割の話

離婚した場合の厚生年金(共済年金)の分割が平成19年4月からできるようになりました。これは平成16年の年金改革の一環として制度化されたものです。「離婚時の年金分割」制度は2段階で実施されますが、平成19年4月がその第一段階で、平成20年4月がその第二段階となりました。

概要

第一段階は、「離婚時の厚生年金の分割(離婚分割)」と呼ばれるもので、平成19年4月以降に離婚した場合に、夫婦の合意または裁判手続きにもとづいて年金を分割することができます。分割割合は夫婦で合意した割合又は裁判などで決定された割合です。後に「制度の詳細」で説明しますが、ポイントは、夫婦双方の厚生年金が分割の対象になることと、過去にさかのぼって保険料納付実績を分割することです。

第二段階は、平成20年4月以降に離婚した場合に適用されるもので、「離婚時の第三号被保険者期間についての厚生年金の分割(三号分割)」と呼ばれます。こちらは、第三号被保険者(一般的にはサラリーマンの妻)の請求によって、平成20年4月以降の婚姻期間(平成20年4月から離婚するまでの間)の保険料納付実績を分割するものです。この場合は半分に分けます。

若干の説明

この制度は、厚生年金法という法律に条文を追加することによって作られました。年金(老齢厚生年金など)の計算の前提になる加入期間中の標準報酬総額を、離婚した夫婦で分けることによって年金を分割します。年金を分割するというよりも、保険料をそれぞれ払っていたことにしようという訳です。すぐに年金をもらえるわけではなく、それぞれ受給年齢になったときに、分割した納付実績と自分の納付実績にもとづいて、年金をもらうことができます。なお、すでに年金を受けている人も分割ができます。

また、年金の分割は、年金の受給資格期間に影響しません。御存知のように厚生年金は国民年金と通算して原則25年間の加入実績がないと受給資格ができませんが、分割された納付実績はこの受給資格期間に加算されません(第三号被保険者であった期間は、分割される前から加入期間に入っています)。したがって、分割を受けても、自分が受給資格期間を満たしていないと年金は受けられません。若いときに離婚して分割を受けた場合には、その後自分で年金に加入すれば、分割された納付実績が生きてくるわけです。

年金の分割は、厚生年金と共済年金という「被用者年金」が対象で、国民年金(基礎年金)はもともと一人にひとつの年金ですから関係ありません。また、上乗せの厚生年金基金部分も対象外です。

納付実績の分割なので、贈与税の問題は発生しないと考えられます。

評価

この離婚時の年金分割制度をどう評価するかですが、結婚している夫婦にとっての選択肢が増え、年金制度が夫婦関係に対して今までより中立的になることは確かです。しかし、これが、女性の自立を促す制度であるとは必ずしもいえません。あくまで第三号被保険者制度を是とした上での手直しにすぎませんから、専業主婦であることを奨励する第三号被保険者制度をどう考えるかによって、年金分割制度の評価がわかれてくるように思われます。

制度の詳細

【離婚時の厚生年金の分割(離婚分割)

(1) 分割の手続き

離婚分割は、前述のように平成19年4月1日から法律が施行されました。この日以降に離婚した場合が対象で、離婚後2年以内に、必要な書類を添えて、住所地の社会保険事務所に「分割改定請求」をします。書類としては、分割割合を記載した公正証書または判決若しくは調停調書、和解調書の謄本が必要です。

(2) 分割割合

この分割では、婚姻期間中の双方の「対象期間標準報酬総額」の半分を限度にして分割します。双方に厚生年金加入期間があるときは、多い人(分割する人)から少ない人(分割を受ける人)に分けます。少ない人から多い人に分けることはできません。たとえば、対象期間標準報酬総額の割合が、夫70、妻30であったときは、30(70:30のまま)から50(50:50になる)の範囲で分割する割合を決めます。

【離婚時の第三号被保険者期間についての厚生年金の分割(三号分割)

(1) 分割の手続きと割合

三号分割は、平成20年4月以降の離婚した場合が対象です。当事者の一方(一般的には第3号被保険者である妻)が、社会保険事務所に分割改定請求をすることによって、平成20年4月以降の加入期間の標準報酬総額の半分が第3号被保険者に分割されます。

請求期間は離婚後2年以内に限られていません。また、相手方の同意は不要です。ただし、厚生年金加入者であった相手方(特定被保険者といいます)が、障害厚生年金の受給権者であるときは分割改定請求できないことになっています。

(2) 「離婚分割」と「三号分割」の関係

平成20年4月以降に離婚した場合で、三号分割の請求があったときは、平成20年4月以降の婚姻期間についてのみ分割が行われます。

平成20年3月以前の分も含めて離婚分割の請求があったときは、平成20年3月以前の期間については離婚分割、平成20年4月以降の期間については三号分割が行われます。

お気軽にご相談・お問い合わせください
お気軽にご相談・お問い合わせください
電子書籍のご案内

『簡単解説20ヶ条 消費税率アップ』
-その原則・特例と経過措置- 360円

『簡単解説20ヶ条 消費税率アップ』-その原則・特例と経過措置- 280円
amazon Kindleで購入

『転職の法律があなたを守る』
-転職の法律36か条- 280円

『転職の法律があなたを守る』-転職の法律36か条- 280円
amazon Kindleで購入
PDF版はDLMarketへ
税と社会保険のメルマガ
はたらく人のための無料相談事務所
新宿区の税理士事務所 小林秀男税理士事務所
新宿区の社労士事務所 小林秀男社会保険労務事務所
ディード経営税務事務所 facebook